ドラマや映画の感想を書いてみるブログ

観た韓国ドラマや映画の感想を書いてみます。誰かの参考にでもなれば…。

韓国ドラマ キス妖怪~10回のファーストキス~ 感想

おすすめ度:78%
クールな妖怪度:100%
キスシーン多い度:100%
原題:키스요괴(キス妖怪) 全12話

f:id:mirume01:20210415191137j:plain

女性にキスをすると人間になれる?クールな妖怪と彼を守る女性との恋の行方とは?2020年公開のWEBドラマ。

 あらすじ・キャスト

人間になることを願っている、妖怪パンスク(ペ・イニョク/ペ・インヒョクさん)。
妖怪の王様から、10人の女性とキスをし、10の感情を学べば人間にしてやると告げられる。早速、妖力を使って女性とキスをするパンスク。
しかしヨナ(チョン・ヘウォンさん)はパンスクがヨナ親友とキスしているところを目撃し、浮気者の男性だと勘違いして怒るが…。

感想

タイトルから察した印象よりもずっと面白く視聴したドラマでした!良かったです。
主人公カップルを演じるペ・イニョクさんとチョン・ヘウォンさんの雰囲気がとっても良く、かなり楽しめたWEBドラマでした。
ストーリーも約13分x全12話と短いながらも割と凝っていて、ラブコメの必要要素(?)をしっかり押さえているな…という展開。

人間になりたいと願う妖怪が、感情をキスを通して習得し、次第に人間のように豊かな気持ちを持ち始めます。
しかし妖怪が人間になるのを阻止する人物が現れ、身近な女性とも恋に落ちていき…というストーリー展開です。

パンスク役ペ・イニョクさん
少しミステリアスで色気のある雰囲気が妖怪という役柄に合っていて、とても良かったです!
幼少期に親に捨てられ、その寂しさで妖怪になる。
しかしずっと孤独は嫌だと感じ、人間になることを夢見る。

オ・ヨナ役チョン・ヘウォンさん
平凡な女子大学生。
アルバイト先で日々お客さんの対応で、気持ちがすり減っている。
ある晩、道でパンスクが女性とキスしているのを目撃して、顔見知りとなる。

ゆるいネタバレありの感想

ペ・イニョクさんインスタグラムより

ヨナの大親友とパンスクがキスしているのを目撃し、ヨナはパンスクに怒ります。
が、親友は先程のキスの事を全く覚えていません。不思議に思うヨナ。
その後、どういう訳かパンスクがヨナと同じバイト先で働きはじめます。(ここは都合が良すぎました)
男性の浮気がトラウマとなっていて、絶対に許せないヨナ。パンスクを問い詰めたところ、あっさりと自分は妖怪で10人とキスしないとだめだ、という件をヨナに白状します。
パンスクさん…そんなトップシークレットを簡単に話していいのでしょうか…?(困惑)
とはいえ、さすがにそんな話は信用しないヨナ。

パンスクは王様から"ミッション”として、キスする女性の情報を知らされます。
その相手とキスをし、感情を学ばなければなりません。
感情を学んでゆくパンスク。バイト先が同じということもあり、パンスクとヨナは次第に友達として仲良くなります。

そんな時、パンスクの元に敵が出現。退魔師と呼ばれる人物で、彼は妖怪が人間になろうとするのを阻止する者。退魔師は人を傷つけることができなかったのです。
たまたまヨナが退魔師からパンスクを守った事がきっかけで、パンスクとヨナは契約を交わします。

その契約とは、
ヨナ:パンスクを守るため、一緒に住む。
パンスク:家賃100%支払い、家事は全て行う
という、どう考えてもヨナにとっては、というか全人類にとって最高の条件。完全に全力で画面の前からパンスクを守りたい。(決意)
一緒に暮らしていくうち、ヨナはどんどんパンスクの事が好きになります。
一方でパンスクはミッションをこなすため、色々な女性とキスをしまくります。
それを陰で複雑な気持ちで見るヨナ…。ジェラシー…。
(結構、毎回しっかりキスする妖怪です)

面白くて上手い設定だなあと思ったのが、元々"無感情”だった妖怪パンスクが、キスを重ねるたびに様々な感情を人間から得ていきます。
そのため、次第にヨナに対して、その学んだ感情がそのまま活かされていること。
パンスクが彼女に対して喜んだり、悲しんだり、欲望があったりと、「成長」している点がお話の展開として、気持ちの重ね方の描写として、とても面白かった!!

そんな気持ちを重ねた2人でしたが、最後の困難が待ち構えていました。
最後のキスの相手として指令されたのが、なんとヨナ。
パンスクは動揺します。
なぜなら、ヨナにキスするとヨナは自分の事を完全に忘れてしまいます。そしてパンスクも人間に変わりますが、妖怪の頃の記憶はすべて消えます。
つまり、2人はお互いがお互いの事を全く忘れてしまうことに…。せっかくカップルになった幸せな2人だったのに…。

辛い選択を迫られるパンスク、そしてヨナ。
しかし2人は「運命」という言葉を信じ、最後のキスをします。
そして1年後…?!

主演のペ・イニョクさんですが、妖怪感を強く印象付けるためなのか、1話ではアイメイクがすごいな…と若干気になっていましたが、途中から普通になっていて安心しました。
スッキリしたお顔立ちなので、クールな役のパンスクがとても似合っていました。かっこよかったです。

ということで非常に短いドラマでしたが、ミニドラマながら展開がよく練られていて面白かったです!
タイトルからして「やばそう…」と思ってしまうというか、B級的な先入観で観始めたのですが、2話では夢中になってしまいました。
十分楽しんで視聴しました!

こちらもおすすめ: