ドラマや映画の感想を書いてみるブログ

観た韓国ドラマや映画の感想を書いてみます。誰かの参考にでもなれば…。

韓国ドラマ 美男<イケメン>バンド~キミに届けるピュアビート (感想)

おすすめ度:65%
今も昔もイケメン度:99%
特別出演の罠度:5000%
原題:닥치고 꽃미남 밴드(黙れ、イケメンバンド) 全16話

f:id:mirume01:20210303194458j:plain

高校生でありながら人気バンドメンバー達の、音楽と恋愛を描いた2012年放送の青春ドラマ。

 あらすじ・キャスト

高校生バンド「眼球浄化」は街で話題の人気グループだった。
しかし彼らの通う高校が開発のため、廃校となるためバンドメンバーはセレブ高のチョンさん高校へ転校することに。
新しい高校でトラブルを起こしつつ、ライバルバンドや”ミューズ”であるスア(チョ・ボアさん)との恋愛に忙しい彼らは…。

眼球浄化のメンバーたち
ボーカル:チュ・ビョンヒ役イ・ミンギさん
ギター/ボーカル:クォン・ジヒョク役ソンジュンさん
ギター:イ・ヒョンス役エルさん(Infinite)
ドラムス:チャン・ドイル役イ・ヒョンジェ
ベース:キム・ハジン役ユ・ミンギュ
キーボード:ソ・ギョンジョン役キム・ミンソク

感想

2012年のドラマで、全体的に色々古い(しょうがないですが)…と感じつつ、イ・ミンギさん見たさで視聴しました。
イ・ミンギさん含め、マ・ドンソクさんやソンジュンさんなど、今も大活躍されている俳優さん達も多数出演されていて、その部分で新鮮さを感じ、それなりに楽しめました。

ストーリーは高校生活とバンドの成功や挫折、そして恋愛と青春を"イケメン”を大量出演させている典型的な青春ドラマのお話となっています。
大体想像がつくような展開でしたが、あまり飽きずに観れました。

眼球浄化という名前と第1話の導入シーン、そして衣装のイメージから、パンク寄りのロックバンドかな?と思っていましたが、思った以上に普通のポップミュージックを演奏していて拍子抜けしました。
また、彼らの転校先にいるライバルバンドがストロベリーフィールズという、ビートルズを意識したお坊ちゃん的なバンドとなっています。このライバルバンドのリーダーのスンフン(チョン・ウィチョルさん)も、もれなくイケメン。
イケメンパラダイスでいわゆる眼福という意味もあって、眼球浄化と命名されているのかもしれません…。

ゆるいネタバレありの感想

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Cho Boah(@xxadoraa)がシェアした投稿

チョ・ボアさんのインスタグラムアカウントより

100%イ・ミンギさん目的のみで観始めたこのドラマですが、「イ・ミンギさん、アイラインがすげえ・・・」と思っていた矢先、なんと2話で突然ミンギさん演じるビョンヒが、謎の棒立ちからの交通事故で帰らぬ人に…。これにはさすがに絶句しました。

正直リーダーであるビョンヒが死んでしまう、しかも超序盤で…。
これは全く想像していなかったので、座って観ていましたが膝から崩れ落ちそうになりました。
え…たった2話で…?!嘘でしょ?!(半泣き)と、視聴目的を序盤早々に失ってしまい、テンションが奈落の底に落ちてしまいました。
とはいえ、どうせ3話はビョンヒが入院からの始まりでしょ?と僅かな望みをかけて視聴しましたが、お葬式のシーンで完全に絶望
この先このドラマを続けて観るべきか否か、自問自答を繰り返すこと5秒。
しかし今、私にできることはビョンヒの残した熱い想いを継ぐことだけ…と、眼球浄化の今後の発展を祈念しつつ、そしてイ・ミンギさんの「回想シーン」を期待しつつ、そのまま頑張って観続けました。

しかしよく考えたら、この作品ではイ・ミンギさんは単に特別出演枠だったのですね…。
この時既にイ・ミンギさんは27歳…さすがに高校生役はキツイので、だからこそアイラインを150%増しで塗っておられたのかもしれません。
そんなミンギさんのアイラインに目を奪われすぎて、そもそもの作品ポスターにイ・ミンギさんの姿など皆無、という重大な点をすっかり見落としていました。(お名前だけで作品検索した弊害)

とはいえ、眼球浄化メンバーの他の誰よりもイ・ミンギさん、お顔が小さかったのは確認しました。モデル体型で細身、パンク/ロック的なファッションとミンギさんの親和性が異常に素晴らしく、2012年の古めのファッションとはいえ、全2話の出演枠は文句なしにかっこよかったです。
回想シーンは期待ほど…というかほとんどありませんでしたが、とりあえず特別出演ありがとうございました。

気を取り直して観進めた眼球浄化ストーリーこと、このドラマ。
しかし個人的に警戒していた件として、亡きビョンヒがひとめぼれし俺のミューズと(勝手に)呼んでいたスアの事をビョンヒの後継者というか、次期リーダーのジヒョク(ソンジュンさん)が早々に好きになってしまいます。
これには天国のビョンヒも激怒しているのではないでしょうか。ビョンヒ先輩こと、イ・ミンギ先輩がたった2話で亡くなり、まだ亡くなってまもないといういうのに、彼のミューズに早速好きになるとは…。
ちなみに、スアはストロベリーフィールズ・スンフンとも妙な仲であり、数々のイケメンを虜にしている女子高生ですので、家がご近所なこともあり、ジヒョクが好きになるのもしょうがないのですが…。

メンバーにも内緒、ひかれあう2人のジヒョクとスアの秘密の恋が、眼球浄化のデビューにも少なからず影響します。
イケメンで売っているのもありこの恋愛がスキャンダルになったり、またバンド内格差でソロデビューの話でメンバーと確執があったりと、数々のトラブルがあり、ついに我々の眼球浄化は解散となってしまいます…。

解散って言ってもどうせベタに終わるんだろうな~と思っていた最終回でしたが、私のぬるい予想は外れましたが、青春ドラマらしい希望を残しつつ爽やかで良い終わり方でした!
ということで、
・チョンサン高生、制服の襟立てがち
・アイメイクは後半薄れがち
アイボン的な眼球浄化ではない
・マ・ドンソクさんは10年たっても変化なし
・イケメン、2021年も活躍しがち
・特別出演という名の罠

以上の6本でお送りされたドラマでした。
青春ドラマとしては、古かったですがそれなりに面白かったです。

こちらもおすすめ: