ドラマや映画の感想を書いてみるブログ

観た韓国ドラマや映画の感想を書いてみます。誰かの参考にでもなれば…。

韓国ドラマ 油っこいロマンス 感想

おすすめ度:50%
ジュノさんのキスのクセ度:100%
サングラス度:99%

原題:기름진 멜로 1話約40分、全28話

f:id:mirume01:20210130193742j:plain

復讐に燃える元人気シェフと元ヤクザ、そして全てを失った元お嬢様。3人の中華料理店が今開店する…2018年放送のラブコメドラマ。

 あらすじ・キャスト

6つ星ホテル内の高級中華料理店の人気シェフのプン(ジュノさん)。
新婚で愛する妻と仕事での昇給、何もかも上手くいっているはずだった…が、そんな妻はホテルのオーナーと浮気。
そしてプンは新婚早々、苦い離婚をするはめに。
元妻の彼から、嫌がらせのようにオーナーからシェフの座も奪われ失職し、人生のどん底を味わう。

復讐に燃えたプンは、クビになったホテルの前にある空き物件をチルソン(チャン・ヒョクさん)から借り、中華料理店を開くことを画策する。
そんなプンの店にセウ(チョン・リョンウォンさん)が働きたいとやってくるが…。

感想

このドラマですが…感想…。正直に一言でまとめると、

なんだったのか・・・

という感じのドラマでした。
ものすごくつまらない、という訳では決してないですが、「なんだったのか」という感想がちょうどしっくりくるという感じです。
全28話がとにかく長い…そう感じてしまったドラマでした。

ただ最初のストーリーの掴みはかなり良いのですよね!
スターシェフのプン(ジュノさん)はそっけない感じですが、医師の彼女にはメロメロのようです。
しかしそんな彼女はプンにはそっけない態度を取ります。
なぜなら、プンの勤める高級中華料理店が入るホテル社長と浮気しているんですから…。
2人は結婚式はあげたものの、そのまま離婚し、プンはホテルでの仕事さえ奪われます。

一方のセウ(チョン・リョンウォンさん)は同じく結婚式にトラブルに遭います。
お金持ちの娘のハズでしたが、結婚式当日に父親が逮捕。
それを察して、結婚するはずだった相手の男性は逃げ、彼女も失意のどん底に。全てを失ってしまいました。

そんな2人が、チルソン(チャン・ヒョクさん)と共に3人が再び出会います。
再び、というのは最初にヘアサロンでこの3人は偶然出会っていたのでした。

復讐を誓うプン、
お金を稼ぎたいセウ、
弟分たちの面倒をみてやりたい元ヤクザのチルソン
…そんな3人が巨大ホテルの目の前の小さな中華料理店Hungry Wok(Wokは英語で中華鍋の意味)に集結します。

f:id:mirume01:20210130193712j:plain

プン役のジュノさん
セウには割とそっけなく、男性っぽいタイプ。しかし最初は元妻にはかなり優しい男性のようでした。
料理をするシーンが多いのですが、中華鍋は重いと思いますので、結構練習されたのではないかなと思いました。
ジュノさん、確かにシェフっぽい部分があって、また可愛らしい部分もあって良かったです。

チルソン役のチャン・ヒョクさん
元ヤクザという肩書ですが、十分現役っぽいチルソン。
なぜかサングラスを常に着用なのが、個人的に若干残念でした。目元が素敵な方だと思いますので、もう少し目を観たかったです。
コミカルな演技もありましたが、セウを想いながらも、ほぼ最初から見込み無しでちょっと可哀想でした。
もう少しチルソンにも可能性を出して欲しかったです。

セウ役のチョン・リョンウォンさん
ちょっと天然タイプのセウですが、リョンウォンさん似合ってました。
ただ、若干地味かな…という部分と、ジュノさんに対してもリョンウォンさん…やっぱり少々年上すぎる気がしました。年齢差が9歳あるんですね…。
(チルソンとの方が似合いそうですが…)

ゆるいネタバレありの感想

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

이준호(@le2jh)がシェアした投稿

ジュノさんインスタグラムアカウントより

このドラマの終始感じる「なんだったのか」なのですが、このドラマで何を描きたいがイマイチ散漫という部分があります。

あと上から目線ですみませんが、どのエピソードも引っ張る割につまらないっていう・・・。
どうも盛り上がりに欠けるというか、ハイ…そうですか…って終わっちゃう部分がちょっと多いお話です。

それと残念ながら、脇役があまり魅力的でなかったのもあるかな…。
出演俳優さんの演技という訳ではなく、単に深みがあって面白いの脇役キャラがあまりいなかったと感じました。

ラブストーリーが好きなのでまずプン-セウ-チルソンの三角関係ですが、チルソンはほとんど最初から勝ち目なしなんですよね。
チルソンですが、ストーリー最初からセウに大胆に告白をしています。セウはチルソンが自分に好意を寄せているのは知っているのですが、プンに夢中すぎました。
もっとチルソンに余地を与えて欲しかった…(泣)と思いました。あまりにもチルソンが勝ち目ナシ状態が明白すぎて、三角関係になってなさすぎました。

あと、チャン・ヒョクさんサングラスかけすぎ。
サングラスもっと外して欲しかったです、本当に。
目元の演技が無くなるだけで、かなり画面も味気なくなり、ここは相当不満でした。
なのでチャン・ヒョクさんがサングラス無しシーンになると、「おっ!?」という感じに
逆に新鮮に感じてしまうという、悲しさ…。
ヒョクさんの渋さが半減というか、素敵な俳優さんなのに勿体ない!と思ってしまいました。

そして、メインのプンとセウです。
が、正直この2人もなんなの…と思えてしまいました。

いつまで鍋とお玉やってんだよ…っていう。

2人とも一度は結婚した身。
そして2人共お互いが好きなのに、今更そんなに自制しなくても…とちょっと思いました。

特にプンさん。
あれだけ元妻にはメロメロで人前でキスしたりしてましたよね…。
セウの事好きなのに、なぜそんなに冷たいんだっていう…元妻への態度ももう少しクールだったら、一貫性があって良かったかなと思いました。
もちろんセウに対してお互い離婚したばかりの身。自制している!という表現でしょうが、ちょっと”あまりにも”というクールさが逆に違和感がありました。

あと、すごい気になったのがプンとセウのキスシーンです。
というか、プンさん…(ジュノさん)。

上唇にしかキスしねえ・・・。

どうして…?!
これはジュノさんの普段というか自然なキスのクセなのか、そういうプンとしての演技なのかは皆目見当がつきませんが、どのキスシーンもチョン・リョンウォンさんの上唇にしかキスしてないんですよね。
キスは横から映すシーンが多いだけに、かなり気になりました。

あと…これは本当にすみません。個人的に気になった部分ですが、

料理のシーンが長すぎる

もちろんシェフの役柄やレストランが舞台のドラマです。
ゆえに、調理シーンは必須です。すみません。美味しそうなお料理も多かったです。
が…ちょっとシーン多すぎませんか?
繋ぎみたいな感じで最後までやたら調理部分のカット、調理手順を最初から最後まで…それ1回やったからもういいでしょ!?と思ってしまいました。料理に関して既視感…のシーンが多すぎたように感じました。
もっと短いカットでどんどん場面転換してくれたら良いのになあと思ってしまいました。料理のシーンって結局全て同じ印象になってしまうので、飽きてしまいがちでした。

他にも、セウの母親と謎の老婆が同じ俳優(イ・ミスクさん)が謎に演じているとか(オチなし)、チルソンが血まみれになったり、料理対決があったり、家族問題があったり…。
あるんですけど、ほとんどが何故かイマイチ盛り上がりに欠ける、空回りした印象です。
何となく全体的にわざとらしいというか、こちらの気持ちを動かさないストーリーなんですよね。
結果、集中力が途切れがち…。

そんなこのドラマですが、最大の謎は


このセウの馬は何だったのか?!
ご丁寧に馬にナレーションまで付いていました。この馬、今後何か鍵になるんだろうなと思ってたんです…最初は…。
結論、ただの馬だったっていう…(無言)

そんなこんなで、ストーリーは最後は妙なサクセスストーリー的にまとめ上げ、爽やかに締めくくられていました。
が、観ていた私の気分的にはタイトル通り、油っこい消化不良感があったドラマでした。

ということで、
・ジュノさん、上唇にキスしがち
・ストーリー消化不良がち
・謎馬
以上の3本でお送りされたドラマでした。

面白く始まりそうなドラマでしたが、どのエピソードも盛り上がりに欠け、さらにラブストーリー部分も切なさが皆無、謎のツンデレ・プンさん押し付けのような設定であまり熱中できず…。
ちょっとジュノさんと、特にチャン・ヒョクさんに同情しました。

観終わった後には「なんだったのか…」という消化不良感しか残らなかった、そんな中華料理系ラブコメでした。

こちらもおすすめ: